全国の茶道関連業者が集まる茶道総合サイト和伝.com


 駒澤家とは

“指物を中心とし木工の茶道具制作を業とする職家”


駒澤利斎

■ 指物とは? ■
指物とは糊や釘などの接合道具を使わずに板材を用い差込んで組み立てられた家具や道具の総称。
茶道具としては桐・杉・欅・桑などの素材を生かした箱物・板物・挽物・曲物・棚物などがある。
また日本においては『京指物』『江戸指物』『大阪唐木指物』などが有名である。
※「指物」の名の由来については「ホゾ」や「継手」によって材を組むことを「指す」という説や「物指し」を用いて細工するからという説がある。(諸説あり)

=目次=



澤家 ◆


澤家

▼ 駒澤家 ▼
【駒澤家】の祖とされる【駒澤家初代/宗源(生没年不詳)】が延宝年間(1673年-1681年)に指物を業とし自立。

茶の湯に関わる指物として
 ・長板
 ・茶箱
 ・木地台子
 ・棚物
 ・炭台
 ・文庫硯蓋
 ・行灯
 ・炉縁
 ・木地水指
 ・卓
 ・莨盆
 ・菓子器
など多種多様な【指物茶道具】を制作。

また安永九年(1780年)に発刊された『茶器価録(上巻)』には前述の他にも桑や竹の
 ・台子
 ・袋棚
 ・丸卓
 ・屏風
 ・曲水指
 ・利休形四方棚
など九十七点が記載されている。

また『表千家九代/了々斎曠叔宗左(1775-1825)』の時代に書かれた記録に【指物師利斎】の道具百六十六点が値段と共に記載されておりその種類の豊富さに驚かされる。





▼ 住居 ▼
【駒澤家初代/宗源(生没年不詳)】【駒澤家二代/宗慶(1628-1693)】【駒澤家三代/長慶(生年不詳-1686)】は[京都/千本頭十二坊]にて【指物】の仕事をしており【駒澤家四代/駒澤利斎(1673-1746)】から現在の地である『表千家(不審庵)』近くの[小川通寺ノ内下ル射場町]に居を構えている。


▲目次へ戻る   







法録 ◆


法録

▼ 寸法録 ▼
【駒澤家】が制作する【指物茶道具】についてはそのすべてが【利休形】が基本となり【千家】と密接な関係を持ちながら歴代の御家元の【御好物】が制作されていることがわかる。

これらすべての道具は【駒澤家五代/駒澤利斎(1707-1764)】が記した二冊の【寸法録】から読み取ることが出来る。
この【寸法録】には木地の「絵図」「寸法」「材質」「デザイン」が記してあり「利休好 真台子」にはじまり下記のさまざまな道具がみられる。

・台子   ・刀掛   ・茶杓   ・香合   ・硯箱   
・棚物   ・茶箱   ・莨盆   ・透木   ・炉縁   
・長板   ・短檠   ・竹檠   ・薄板   ・八寸   
・湯桶   ・文庫   ・塵取   ・小刀   ・菜箸   
・塵箸   ・屏風   ・桑見台  ・桑撞木  ・花切留  
・釜敷板  ・自在竹  ・板風炉  ・木燈籠  ・花鳥札  
・桑炭斗  ・煙草入  ・旅箪笥  ・茶通箱  ・手水桶  
・露地下駄 ・釣瓶水指 ・露地道具 ・水屋道具 ・風炉先屏風
順不同

また【寸法録】には「利休好」「利休形」「宗旦好」「仙叟好」「原叟好」「宗安好」「宗乾好」「宗全好」をはじめ三千家や久田家歴代の御好物が多く記されている。

【寸法録】以外にもそれぞれの寸法を木に印した【物指ほんぎ】は現在においても【駒澤家】に大切に保存・使用されており【駒澤家】代々違わぬ作品を伝承することができている。

【御好道具】には「模様」や「色彩」「寸法」などが特徴とされているが木地の道具においては【寸法】が最も重要な要素となる。

▲目次へ戻る   







代 ◆



▼ 歴代 ▼
【駒澤家】の祖とされる【駒澤家初代/宗源(生没享年不詳)】は通称【理右衛門】と称したが事績などの詳細は不明。

続く【駒澤家二代/宗慶(1628-1693)】【駒澤家三代/長慶(生年不詳-1686)】の時代に『千家三代/咄々斎元伯宗旦(1578-1658)』の指図を受け千家の茶道具を制作するようになったと伝えられる。(※詳細は不明)

従来、【駒澤家】の歴史については最初に【利斎】を名乗った時を『初代』とし、以降は【利斎】何代と数え、【利斎】以前は家祖である【駒澤家初代/宗源(生没享年不詳)】【駒澤家二代/宗慶(1628-1693)】【駒澤家三代/長慶(生年不詳-1686)】の三代を置いて考えられてきた。

一方で数寄者『[茶人]草間直方(1753-1831)』の【茶器名物図】によると『指物師利斎家系之事』の一条に

■茶器名物図■
「木具指物師 千家出入職 正徳 享保年覚々斎取立破申」

とあり、正徳年間(1711年-1716年)から享保年間(1716年-1736年)にかけて『表千家六代/覚々斎原叟宗左(1678-1730)』に取り立てられて千家職方になったと記されているが【宗慶】を【初代/利兵衛】、【理右衛門】を【二代/利斎】と記していて混乱が見られる。
(※従来は【理右衛門】を以って【初代/利斎】としてきた。)

―[備考]
近年【駒澤家】では歴代についての考え方を過去帳にのっとり整理されている。

続く【駒澤家四代/駒澤利斎(1673-1746)】は技に優れ『表千家六代/覚々斎原叟宗左(1678-1730)』に取り立てられ【利斎】の名を与えられ【茶方指物師】として千家出入りを許され【駒澤家】を確立することとなる。

―[備考]
【駒沢家四代/駒澤利斎(1673-1746)】以後の【駒澤家】では代々【利斎】の名を襲名することとなる。

その後の【駒澤家五代/駒澤利斎(1707-1764)】からは三千家に出入りし【リ斎】の書を与えられる。

―[備考]
【駒澤家五代/駒澤利斎(1707-1764)】以後【駒澤家】では【リ】の印判を押すこととなる。

【駒澤家六代/駒澤利斎(1739-1803)】は隠居後【春斎】と号し塗物も手掛けている。

【駒澤家中興の祖】と呼ばれる【駒澤家七代/駒澤利斎(1770-1855)】は長命で当時の【千家職家】においては長老として【職家】をまとめていたとされる。

また『表千家九代/了々斎曠叔宗左(1775-1825)』からは染筆の【暖簾】や【曲尺亭】の号を授かり、隠居に際しては『表千家十代/吸江斎祥翁宗左(1818-1860)』より【少斎】の号を与えられている。

■ 暖簾 ■
現在も【駒澤家】の表玄関を入った内玄関には下記の「三巾のれん」が掛かっている。
「御茶器 さしもの師 駒澤利斎」 (暖簾)

晩年は先代と同じく【春斎】の号で『裏千家十一代/玄々斎精中宗室(1810-1877)』の【御好物】を作っている。

以後、【駒澤家】では時代背景や後嗣の早世などにより次代への継承が困難な時代も迎えるが、【駒澤家十一代/駒澤利斎(1852-1902)】は明治維新の茶道衰退期に多くの【御好物】をつくり【駒澤家】を支える。

その後は【駒澤家十三代/駒澤利斎(1883-1952)】の妻である『浪江』が【駒澤家十四代/駒澤利斎(1909-1977)】として家業を守り抜き、現在は【駒澤家十四代/駒澤利斎(1909-1977)】の甥にあたる【吉田一三】が【駒澤家後見人】としてその息子【博三】が次代【駒澤家十五代/駒澤利斎】を継承すべく精進を重ねている。


▲目次へ戻る   







代一覧 ◆


代一覧

▼ 歴代一覧 ▼

歴 代 和伝.com
     駒澤家 初代
― 宗源 ―
生年不詳 ― 宝永年間 / 享年不詳   
解 説
ページ
     駒澤家 二代
― 宗慶 ―
寛永五年(1628年) ― 元禄六年(1693年) 九月三日 / 六十六歳   
解 説
ページ
     駒澤家 三代
― 長源 ―
生年不詳 ― 貞享三年(1686年) 十二月 / 享年不詳   
解 説
ページ
     駒澤家 四代
― 駒澤 利斎 ―
延宝元年(1673年) ― 延享三年(1746年) 七月二日 / 七十四歳   
解 説
ページ
     駒澤家 五代
― 駒澤 利斎 ―
宝永四年(1707年) ― 明和元年(1764年) 二月二十八日 / 五十八歳   
解 説
ページ
     駒澤家 六代
― 駒澤 利斎 ―
元文四年(1739年) ― 享和三年(1803年) 正月 / 六十五歳   
解 説
ページ
     駒澤家 七代
― 駒澤 利斎 ―
明和七年(1770年) ― 安政二年(1855年) 五月 / 八十六歳   
解 説
ページ
     駒澤家 八代
― 駒澤 利斎 ―
寛政八年(1796年) ― 弘化三年(1846年) 九月 / 五十歳   
解 説
ページ
     駒澤家 九代
― 駒澤 利斎 ―
文政二年(1819年) ― 文久二年(1862年) 十二月 / 四十四歳   
解 説
ページ
     駒澤家 十代
― 駒澤 利斎 ―
天保十二年(1841年) ― 慶応二年(1866年) 九月 / 二十六歳   
解 説
ページ
     駒澤家 十一代
― 駒澤 利斎 ―
嘉永三年(1852年) ― 明治三十五年(1902年) 九月 / 五十一歳   
解 説
ページ
     駒澤家 十二代
― 駒澤 利斎 ―
明治九年(1876年) ― 明治二十九年(1896年) / 二十一歳   
解 説
ページ
     駒澤家 十三代
― 駒澤 利斎 ―
明治十六年(1883年) ― 昭和二十七年(1952年) 八月 / 七十歳   
解 説
ページ
     駒澤家 十四代
― 駒澤 利斎 ―
明治四十二年(1909年) ― 昭和五十二年(1977年) 六月 / 六十九歳   
解 説
ページ
駒澤家後見人/十四代駒澤利斎の甥   
― 吉田 一三 ―
00年(0000年) ― 00年(0000年) / 00歳   
解 説
ページ
     駒澤家 次代
― 吉田 博三 ―
00年(0000年) ― 00年(0000年) / 00歳   
解 説
ページ

▲目次へ戻る   







語解説 ◆


■ 用語解説 ■
==

==


▲目次へ戻る   







道入門ガイド ■


▲目次へ戻る   




道辞典 ■


▲目次へ戻る   




料ダウンロード ■


▲目次へ戻る   


駒澤家_TOP
初代宗源_花押
駒澤家 初代
宗源
商品一覧
二代宗慶_花押
駒澤家 二代
宗慶
商品一覧
三代長慶_花押
駒澤家 三代
長慶
商品一覧
四代利斎_花押
駒澤家 四代
駒澤 利斎
商品一覧
五代利斎_花押
駒澤家 五代
駒澤 利斎
商品一覧
六代利斎_花押
駒澤家 六代
駒澤 利斎
商品一覧
七代利斎_花押
駒澤家 七代
駒澤 利斎
商品一覧
八代利斎_花押
駒澤家 八代
駒澤 利斎
商品一覧
九代利斎_花押
駒澤家 九代
駒澤 利斎
商品一覧
駒澤家 十代_花押
駒澤家 十代
駒澤 利斎
商品一覧
十一代利斎_花押
駒澤家 十一代
駒澤 利斎
商品一覧
十二代利斎_花押
駒澤家 十二代
駒澤 利斎
商品一覧
十三代利斎_花押
駒澤家 十三代
駒澤 利斎
商品一覧
十四代利斎_花押
駒澤家 十四代
駒澤 利斎
商品一覧
吉田一三_花押
駒澤家 後見人
吉田 一三
商品一覧
吉田博三_花押
駒澤家 次代
吉田 博三
商品一覧



千家十職 HOME
楽家
[茶碗師]
樂 吉左衛門
商品一覧
永楽家
[土風炉/焼物師]
永楽 善五郎
商品一覧
中村家
[塗師]
中村 宗哲
商品一覧
中川家
[金物師]
中川 浄益
商品一覧
土田家
[袋師]
土田 友湖
商品一覧
黒田家
[竹細工/柄杓師]
黒田 正玄
商品一覧
大西家
[釜師]
大西 清右衛門
商品一覧
飛来家
[一閑張細工師]
飛来 一閑
商品一覧
奥村家
[表具師]
奥村 吉兵衛
商品一覧
駒沢家
[指物師]
駒澤 利斎
商品一覧





―◆ 各解説文章についてのお願い ◆―
「茶道本舗 和伝.com」内に掲載しています各解説文章につきましては、本サイト運営者が茶道の修練にあたり、個人的にまとめた解説文章となっておりますので個人的な見解や表現なども含まれていることを事前にご理解頂き、ご参考にされる場合は皆様が修練なさっています先生などにご確認の上、自己の責任においてご参考にして頂きますようよろしくお願い申し上げます。
また弊社は各解説文章のご利用について生じた問題等において一切の責任は負いかねますので予めご了承ください。

ページの先頭へ移動