全国の茶道関連業者が集まる茶道総合サイト和伝.com

永楽家_メインバナー


 永楽家とは

“三千家御用達の【土風炉/焼物師】とし「陶磁器」を中心に
代々御家元の「御好物」の製作を業とする職家”


永楽善五郎

■ 土風炉/焼物とは? ■



=目次=



楽家 ◆


楽家

▼ 永楽家 ▼
【永楽家】の祖先は『大和国/西京(現・奈良市西ノ京)]に居住する【土師師】であり、奈良の《春日社(春日大社)》の「斎器(供御器)」を制作していた家柄であると伝えられている。

【永楽家初代/西村宗禅(生年不詳-1558)】は『千家開祖/抛筌斎千宗易(利休)(1522-1591)』の師である[大阪/堺]の『[茶人]武野紹鷗(1502-1555)』の依頼で「紹鷗好み」の茶の湯用土風炉を焼き出してから土風炉作りを家業とするようになり、晩年には【土風炉師/善五郎】を名乗るようになる。

【永楽家二代/西村宗善(生年不詳-1594)】は[大阪/堺]に住み、【永楽家三代/西村宗全(生年不詳-1623)】以降は[京都]に定着、『細川家初代/細川(三斎)忠興(1563-1646)』や『遠州流創始者/小堀遠州(1579-1647)』らの大名茶人の支持を得ている。

また千家に出仕するようになったのは【永楽家十代/永楽了全(1770-1841)】以降だと考えられている。

―[備考]
現在の『千家十職』の中には同じく茶碗を作る『[茶碗師]樂家/樂吉左衛門』がいるが【永楽家】は主に伝世品の写しなどを作っており『樂焼』のみの『樂家』とは住み分けがなされている。

▲目次へ戻る   







[永楽] ◆


[永楽]

▼ 姓 [永楽] ▼
【永楽家】が現在の【永楽】を性としたのは明治時代であり、それ以前は【西村】の性を名乗っていた。

【永楽】という名は中国明王朝時代の優品を焼いた「永楽帝時代」に由来しており、【永楽家初代/西村宗禅(生年不詳-1558)】から【永楽家九代/西村宗巌(生年不詳-1779)】は【西村】の姓を名乗り、主に【土風炉】を製作。

【永楽家十一代/永楽保全(1795-1854)】は文政十年(1827年)に、『紀州藩十代藩主/徳川治寶(1771-1853)』の別邸《西浜御殿》の「御庭焼」開窯に招かれた際に【永楽】の印を用いると共に【永楽家十二代/永楽和全(1823-1896)】の代から【永楽】姓を名乗ることとなり現在に至る。

―[備考]
【永楽家】では遡って【永楽家十代/永楽了全(1770-1841)】と【永楽家十一代/永楽保全(1795-1854)】も【永楽】の姓を用いている。

▲目次へ戻る   









▼ [印] 宗全 ▼
【永楽家三代/西村宗全(生年不詳-1623)】が『遠州流創始者/小堀遠州(1579-1647)』の用命を受けた際に【宗全】の銅印を拝領したことから以後【永楽家九代/西村宗巌(生年不詳-1779)】まで作品に【宗全印】を使用している。



▼ [印] 河濱支流 ▼
【永楽家十一代/永楽保全(1795-1854)】は文政十年(1827年)に、『紀州藩十代藩主/徳川治寶(1771-1853)』の別邸《西浜御殿》の「御庭焼」開窯に招かれた際に作品を賞して【河濱支流(かひんしりゅう)】の【金印】と【永樂】の【銀印】、【永楽】の印を拝領。

【河濱支流(かひんしりゅう)】の由来については中国における陶磁器についての最初の歴史的記述である『史記』に下記の通り記載されている。

■ 史記 ■
「瞬陶(ス)(二) 河濱(二)(一) 器皆不(二)苦歪(一)~中国の聖王といわれた瞬が華河賓に陶を焼いたところ、器はすべて歪まなかった~」

▲目次へ戻る   







代一覧 ◆


代一覧

▼ 歴代一覧 ▼

歴 代 和伝.com
     永楽家 初代
― 西村 宗禅 ―
生年不詳 ―永禄元年(1558年) 二月三日(※一説に三月二十一日) / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 二代
― 西村 宗善 ―
生年不詳 ― 文禄三年(1594年) 十一月十一日 / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 三代
― 西村 宗全 ―
生年不詳 ― 元和九年(1623年) 二月三日 / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 四代
― 西村 宗雲 ―
生年不詳 ― 承応二年(1653年) 七月二十一日 / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 五代
― 西村 宗筌 ―
生年不詳 ― 元禄十年(1697年) 八月三日 / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 六代
― 西村 宗貞 ―
生年不詳 ― 寛保元年(1741年) 四月二十六日 / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 七代
― 西村 宗順 ―
生年不詳 ― 延享元年(1744年) 五月十三日 / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 八代
― 西村 宗圓 ―
生年不詳 ― 明和六年(1769年) 十月十二日 / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 九代
― 西村 宗禅 ―
生年不詳 ― 安永八年(1779年) 二月二日 / 享年不詳   
解 説
ページ
     永楽家 十代
― 永楽 了全 ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十一代
― 永楽 保全 ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十二代
― 永楽 和全 ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十三代
― 永楽 宗三郎 (回全) ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十三代
― 西山 藤助 (曲全) ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十四代
― 永楽 得全 ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十四代
― 永楽 妙全 ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十五代
― 永楽 正全 ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十六代
― 永楽 即全 ―
   
解 説
ページ
     永楽家 十七代
― 永楽 善五郎 ―
   
解 説
ページ
     永楽家 次代
― 永楽 陽一 ―
   
解 説
ページ

▲目次へ戻る   







語解説 ◆


■ 用語解説 ■
==

==


▲目次へ戻る   







道入門ガイド ■


▲目次へ戻る   




道辞典 ■


▲目次へ戻る   




料ダウンロード ■


▲目次へ戻る   


永楽家_TOP
初代宗禅_花押
永楽家 初代
西村 宗禅
商品一覧
二代宗善_花押
永楽家 二代
西村 宗善
商品一覧
三代宗禅_花押
永楽家 三代
西村 宗全
商品一覧
四代宗雲_花押
永楽家 四代
西村 宗雲
商品一覧
五代宗禅_花押
永楽家 五代
西村 宗筌
商品一覧
六代宗貞_花押
永楽家 六代
西村 宗貞
商品一覧
七代宗順_花押
永楽家 七代
西村 宗順
商品一覧
八代宗圓_花押
永楽家 八代
西村 宗圓
商品一覧
九代宗巌_花押
永楽家 九代
西村 宗巌
商品一覧
十代了全_花押
永楽家 十代
永楽 了全
商品一覧
十一代保全_花押
永楽家 十一代
永楽 保全
商品一覧
十二代和全_花押
永楽家 十二代
永楽 和全
商品一覧
十三代宗三郎(回全)_花押
永楽家 十三代
永楽 宗三郎(回全)
商品一覧
十三代西山藤助(曲全)_花押
永楽家 十三代
西山 藤助(曲全)
商品一覧
十四代得全_花押
永楽家 十四代
永楽 得全
商品一覧
十四代妙全_花押
永楽家 十四代[室]
永楽 妙全
商品一覧
十五代正全_花押
永楽家 十五代
永楽 正全
商品一覧
十六代即全_花押
永楽家 十六代
永楽 即全
商品一覧
十七代善五郎_花押
永楽家 十七代
永楽 善五郎
商品一覧
十八代善五郎_花押
永楽家 次代
永楽 陽一
商品一覧



千家十職 HOME
楽家
[茶碗師]
樂 吉左衛門
商品一覧
永楽家
[土風炉/焼物師]
永楽 善五郎
商品一覧
中村家
[塗師]
中村 宗哲
商品一覧
樂家
[金物師]
樂 浄益
商品一覧
土田家
[袋師]
土田 友湖
商品一覧
黒田家
[竹細工/柄杓師]
黒田 正玄
商品一覧
大西家
[釜師]
大西 清右衛門
商品一覧
飛来家
[一閑張細工師]
飛来 一閑
商品一覧
奥村家
[表具師]
奥村 吉兵衛
商品一覧
駒沢家
[指物師]
駒澤 利斎
商品一覧





―◆ 各解説文章についてのお願い ◆―
「茶道本舗 和伝.com」内に掲載しています各解説文章につきましては、本サイト運営者が茶道の修練にあたり、個人的にまとめた解説文章となっておりますので個人的な見解や表現なども含まれていることを事前にご理解頂き、ご参考にされる場合は皆様が修練なさっています先生などにご確認の上、自己の責任においてご参考にして頂きますようよろしくお願い申し上げます。
また弊社は各解説文章のご利用について生じた問題等において一切の責任は負いかねますので予めご了承ください。

ページの先頭へ移動