全国の茶道関連業者が集まる茶道総合サイト和伝.com

黒田家_メインバナー

■ [竹細工/柄杓師] 黒田家 ■

『黒田家十代/黒田正玄』商品一覧はコチラ

  • 十代 黒田 正玄
  • [名] 利助・正玄
  • [生没年] 文政八年(1825年) ― 明治三十三年(1900年)
  • [享 年] 七十六歳

══════════════ 目 次 ══════════════ ▼出自   ▼足跡   ▼用語解説 ═══════════════════════════════


十代/正玄_花押



自 ◆



▼ 出自 ▼
『滝野家』出身
『[義父]黒田家八代/黒田正玄(1809-1869)』の養子
『[義祖父]黒田家七代/黒田正玄(1768-1819)』の孫

▼ 子 [後妻] ▼
『[長男]黒田家十一代/黒田正玄(1869-1911)』の子
『[次男]黒田宗傳(生没年不詳)』の子
『[三男]黒田常次郎(生没享年不詳)』の子
『[四男]黒田弥五郎(生没享年不詳)』の子

▼ 孫 ▼
『[孫]黒田家十三代/黒田正玄(1936-2017)』の祖父




▼ 竹細工/柄杓 ▼
『[義父]黒田家八代/黒田正玄(1809-1869)』

▲目次へ戻る   







跡 ◆



▼ 事績 ▼
【黒田家十代/黒田正玄】は『[義父]黒田家八代/黒田正玄(1809-1869)』の『弟子』であり、既に結婚独立していたが安政六年(1859年)に『黒田家九代/黒田正玄(1837-1859)』の早世にともない『滝野家』から『[義父]黒田家八代/黒田正玄(1809-1869)』の娘婿に迎えられる。
明治二年(1869年)の三十五歳の時、先代『[義父]黒田家八代/黒田正玄(1809-1869)』の逝去により【黒田家】の家督を継承し、【黒田家十代/黒田正玄】を襲名。
(※【黒田家】の家督を継承時に妻子を離縁したという秘話が伝わっている。)

【黒田家十代/黒田正玄】の時代は明治維新を迎え「将軍家」の御用が無くなり、「茶の湯」をはじめとする伝統文化の衰退期であったため竹で生活用具を製作するなど家業の維持に苦心。
【黒田家十代/黒田正玄】は明治十四年(1881年)の六十六歳の時に隠居し【黒田家】の家督は長男『熊吉(のちの『[長男]黒田家十一代/黒田正玄(1869-1911)』)』が継承するが次男の『[次男]黒田宗傳(生没享年不詳)』も家業を手伝う。 (その後、弟『黒田宗傳』は明治二十九年(1896年)に分家することとなる)



▼ 遺言 ▼
【黒田家十代/黒田正玄(1825-1900)】の遺言により筍の形の墓標が自身の実家の菩提寺である修学院の『禅華院』に立てられる。

■ 遺言 ■
「竹のおかげで一生をすごさせていただいた」

▲目次へ戻る   







語解説 ◆


■ 用語解説 ■
==

==


▲目次へ戻る   







道入門ガイド ■


▲目次へ戻る   




道辞典 ■


▲目次へ戻る   




料ダウンロード ■


▲目次へ戻る   


黒田家_TOP
初代正玄_花押
黒田家 初代
黒田 正玄
商品一覧
二代正玄_花押
黒田家 二代
黒田 正玄
商品一覧
三代正玄_花押
黒田家 三代
黒田 正玄
商品一覧
四代正玄_花押
黒田家 四代
黒田 正玄
商品一覧
五代正玄_花押
黒田家 五代
黒田 正玄
商品一覧
六代正玄_花押
黒田家 六代
黒田 正玄
商品一覧
七代正玄_花押
黒田家 七代
黒田 正玄
商品一覧
八代正玄_花押
黒田家 八代
黒田 正玄
商品一覧
九代正玄_花押
黒田家 九代
黒田 正玄
商品一覧
十代正玄_花押
黒田家 十代
黒田 正玄
商品一覧
十一代正玄_花押
黒田家 十一代
黒田 正玄
商品一覧
黒田宗傳_花押
黒田 宗傳
商品一覧
十二代正玄_花押
黒田家 十二代
黒田 正玄
商品一覧
十三代正玄_花押
黒田家 十三代
黒田 正玄
商品一覧
十四代正玄_花押
黒田家 十四代
黒田 正玄
商品一覧



千家十職 HOME
楽家
[茶碗師]
樂 吉左衛門
商品一覧
永楽家
[土風炉/焼物師]
永楽 善五郎
商品一覧
中村家
[塗師]
中村 宗哲
商品一覧
中川家
[金物師]
中川 浄益
商品一覧
土田家
[袋師]
土田 友湖
商品一覧
黒田家
[竹細工/柄杓師]
黒田 正玄
商品一覧
大西家
[釜師]
大西 清右衛門
商品一覧
飛来家
[一閑張細工師]
飛来 一閑
商品一覧
奥村家
[表具師]
奥村 吉兵衛
商品一覧
駒沢家
[指物師]
駒澤 利斎
商品一覧





―◆ 各解説文章についてのお願い ◆―
「茶道本舗 和伝.com」内に掲載しています各解説文章につきましては、本サイト運営者が茶道の修練にあたり、個人的にまとめた解説文章となっておりますので個人的な見解や表現なども含まれていることを事前にご理解頂き、ご参考にされる場合は皆様が修練なさっています先生などにご確認の上、自己の責任においてご参考にして頂きますようよろしくお願い申し上げます。
また弊社は各解説文章のご利用について生じた問題等において一切の責任は負いかねますので予めご了承ください。

ページの先頭へ移動