全国の茶道関連業者が集まる茶道総合サイト和伝.com

茶道の歴史

◆◆◆ 現在編集作業継続中 ◆◆◆
大変ご迷惑をお掛け致しますが作業終了までもうしばらくお待ちください


の湯の救世主 ◆
明治時代 [1868年-1912年]

“大名でも家元でもない『茶道』を救った救世主とは?”


══════════════ 目 次 ══════════════ ▼はじめに   ▼茶の湯の衰退   ▼茶の湯の救世主   ▼大師会の開催
▼数寄者の茶会   ▼美術館の役割   ▼茶道教育   ▼文字の力   ▼用語解説 ═══════════════════════════════



じめに~『茶の湯』の危機~

江戸時代(1603-1868)後期、『三千家』による『家元制度』の確立により『茶の湯』の『遊芸化』を食い止め『道』としての『茶の湯』を取り戻したが江戸幕府の崩壊時代と共に再び『茶道』が衰退する時期を迎える。

その大きな原因には明治維新があげられ、明治維新の文明開化により西欧文化が流入、それにより日本文化全体が弱体する時代を迎えることとなる。

しかし『茶の湯』衰退の危機に際し『三千家』や『大名』に変わる新たなる救世主たちが表れる事となる。
その救世主たちが誰なのかそしてその救世主たちがどのように『茶の湯』復活の要因となったのかをご紹介。

▲目次へ戻る  




の湯の衰退~西欧文化の到来~

江戸幕府の崩壊と明治維新を契機にした文明開化により『茶の湯』は急激な衰退を迎える事となる。

『茶の湯』の衰退の理由に挙げられるものに以前まで『茶の湯』を支えた大名や武士が衰退すると共に西欧文化の流入により日本文化の影響力が弱まったことがあげられます。

その事を象徴する出来事に当時、仏像や伝来の美術工芸品などは二束三文の値で売り払われおり、明治四年(1871)の姫路酒井家の『茶道具』の売り立てにもほとんど買い手がつかなかったという。

もちろん茶道界も例外ではなく明治維新後の衰退により各流派も財政的に困難に陥るようになった。
そうした中、『裏千家十三代/圓能斎鉄中宗室(1872-1924)』は一時東京に居を移し茶道再興に努め有力財界人の関心を呼ぶこととなる。

しかしこの困難な時代においても三千家の御家元の尽力により『茶の湯』も時代と共に今日に通じる大きな転換期を迎える事となる。
それまでの『遊芸』とされていた『茶道』を『教養』とし現代茶道の基礎となり『茶道』が女子の教養科目として組み込まれ、また欧米化へ進む文化にも対応する『立礼』の発案など茶道再興のためさまざまな努力、発案がうまれることになる。

茶道史において大変困難な時代であるが三千家御家元の尽力により今日に通ずる近代的な茶道の基礎が築かれる時代となる。

そしてその困難な時代の中において三千家御家元とともに『茶道』復興に大きな役割を果たす人物たちが現れることになる。

▲目次へ戻る  




の湯の救世主~『数寄者』の功績~

前項の通り茶道史上において大変困難な時代の中、『大名』などにかわる救世主として現れたのが大富豪である『[実業家/数寄者]益田孝[鈍翁](1848-1938)』をはじめとする『数寄者』と呼ばれる人物たちの登場である。

明治三十年(1897)頃より財界、政界の裕福な人々が『茶道』をはじめとする日本文化への回帰をはかり、その莫大な財政力により日本文化とりわけ日本美術を積極的に取り入れ、とりわけ『茶道具』の名品を手中に収め絢爛豪華な『茶の湯』を作り上げることとなる。

その代表的な出来事の一つに明治政府で外務卿などを努めた『[政治家]井上馨(1836-1915)』は取り崩され風呂の薪として三十円で売られようとしていた奈良/東大寺四聖坊の茶室『八窓庵』を買い取って東京/鳥居坂の自宅に移築。
明治二十年(1887)に行われた完成披露には『[第百二十二代天皇]明治天皇(1852-1912)』の行幸をあおぎ維新後に衰退していた伝統文化、特に『茶道』が再生するきっかけとなる。

▲目次へ戻る  




師会の開催~一つの『茶会』が『茶の湯』を救う~

当時、三井財閥の基礎を固めた大富豪『[実業家/数寄者]益田孝[鈍翁](1848-1938)』を筆頭にした政財界人の間では、それまでの『茶道』を基にしながらも仏教美術なども含め園遊会形式なども取り入れた新たな『茶会』を催している。
その多くの『茶会』では現在『国宝』『重要文化財』などに指定されるような数々の美術工芸品を展観し多くの人魅了する事となる。

今日においても行われている大きな『茶会』の一つに『大師会』があげられる。
明治二十七年(1894) に『[実業家/数寄者]益田孝[鈍翁](1848-1938)』は江戸時代(1603-1868)初期の絵師『[絵師]狩野探幽(1602-1674)』が秘蔵していたという弘法大師『[真言宗/開祖]空海(774-835)』の『崔子玉座右銘』一巻を入手。
翌明治二十八年(1895)には弘法大師『[真言宗/開祖]空海(774-835)』の命日に自宅にて『大師会』を開催。

この『大師会』は仏教美術を『茶の湯』の世界に取込んだもので今までの少人数で楽しむ『茶会』とは違い一度に多くの客人をもてなす『大寄茶会』であった。

当然のことながらこの『大師会』には参列希望者が殺到する事態となる。
それは主催者である『[実業家/数寄者]益田孝[鈍翁](1848-1938)』は三井財閥の中心人物であり財政界にも多大な影響力を持つことから財政界の名士多数が出席するこの会に招待されなければ面目が立たぬと評判になったためである。

また江戸時代(1603-1868)初期の芸術家『[芸術家]本阿弥光悦(1558-1637)』を偲び京都/鷹峯『光悦寺』にて開催される『光悦会』とともにわが国が誇る『二大茶会』として『西の『光悦会』東の『大師会』』と呼ばれ今日も『茶人』に愛される『茶会』となっている。

▲目次へ戻る  




寄者の『茶会』~財政界人の嗜み~

当時は前項の『大師会』や『光悦会』以外にも数多くの『数寄者』による『茶会』が開催されている。

明治三十三年(1900)には肥前国平戸藩十二代藩主『[松浦家第三十七代当主]松浦詮(1840-1908)』が中心となり限定十六名の『数寄者』を会員とし、持ち回りで釜を懸けるという『和敬会』が発足。
初期メンバーには
 ・軍医総監『石黒况翁(1845-1941)』
 ・安田財閥『[実業家]安田善次郎(1838-1921)』
が在籍し、その後に
 ・三井財閥『[実業家/数寄者]益田孝[鈍翁](1848-1938)』
 ・『[実業家]高橋義雄[箒庵](1861-1937)』
 ・『[実業家]三井高保(1850-1922)』
 ・『[実業家]馬越恭平[化生](1844-1933)』
 ・『[実業家/男爵]団琢磨(1858-1932)』
などが会員として加わったという。

この『和敬会』には当時の層々たる財政界の重要人物が集まり大正時代(1913-1926)の末年まで続けられた。

また同時期の明治三十五年(1902)には関西在住の『数寄者』十八名で組織された『十八会』などが結成されている。

▲目次へ戻る  




術館の役割~美術館が『数寄者』の終焉?~

明治時代(1868-1912)は『[実業家/数寄者]益田孝[鈍翁](1848-1938)』をはじめとする政財界人の『数寄者』が活動。
その後彼らの収集した数多くの『美術品』『茶道具』の名品の数々は今日では各人の美術館に納められることとなる。

・三井財閥『[実業家/数寄者]益田孝[鈍翁](1848-1938)』⇒三井記念美術館
・荏原製作所/創立者『畠山一清[即翁](1881-1971)』⇒畠山記念館
・野村財閥『[実業家]野村徳七[得庵] (1878-1945)』⇒野村美術館
・東武電鉄/南海電鉄『[実業家/鉄道王]根津嘉一郎[青山](1860-1940)』⇒根津美術館
・東京急行電鉄創業者『[実業家]五島慶太(1882-1959)』⇒五島美術館
・阪急グループ創業者『[実業家/創業家]小林一三[逸翁](1873-1957)』⇒藤田美術館
・朝日新聞社主『[政治家/実業家]村山龍山[香雪](1850-1933)』⇒香雪美術館
・『[実業家]原富太郎[三渓](1868-1939)』⇒三渓園

今日では当時の『茶会』に招かれない限り拝見する事の出来なかった名品の数々を鑑賞することができるようになる。
しかし美術館に保存されるという事は『数寄者』の他界後、名品の数々はガラス内に収まることを表し、それまで盛んにおこなわれてきた『数寄者』の『茶の湯』が事実上衰退したことも示すこととなる。

▲目次へ戻る  




道教育~『茶道』が女性の教養へ~

徳川幕府が倒れ新たに生まれた明治政府は富国強兵をめざして急激な欧化政策をとることとなる。

そのため『茶の湯』を含めた旧来の日本文化は一挙に衰退が一方で新たに教育機関の必要性が生じることとなりそれまでのさまざまな礼法に変わり『茶の湯』が教育に取り入れられることになる。

特に女性教育の分野においては
・明治五年(1872)に設立された京都の新英学校・女紅場(現:京都府立鴨沂高校)。
・明治八年(1875)に設立された東京の跡見学校(現:跡見学園)
・明治十八年(1885)設立の華族女学校(現:学習院女子大学)
・明治十九年(1886)共立女子職業学校(現:共立女子大学)

などで『茶道』が取り入れられている。

▲目次へ戻る  




字の力~『茶道』が世界へ~

明治時代(1868-1912)に入り欧米化が進むにつれさまざまな技術革新なども生まれる事となる。 そしてその中で出版物が『茶の湯』を広める役割を担うことになる。 当時、海外ではボストン美術館で[中国・日本美術部長]をつとめた『[文人]岡倉天心(1863-1913)』がアメリカ滞在中に『THE BOOK OF TEA(邦題:『茶の本』)』を明治三十九年(1906)に出版。 この出版は欧米文化人の関心を呼び、「茶道」を英語で「tea ceremony」というのも一般的になり『茶道』の国際的知名度を上げる事となる。 また実業家の『[実業家]高橋義雄[箒庵](1861-1937)』は自身が出向いた『茶会』での『数寄者』の『茶』を新聞などに連載。 大正十年(1921)十一月には当時の名物茶入や茶碗を写真入りで紹介した『大正名器鑑』の1冊目を発刊。 七年後の昭和三年九月に九編十一冊が完成。 時代と共に『茶道』が新聞などの出版物で紹介されることは『茶道』の文化を多くの人に知らせることとなる。

▲目次へ戻る  




語解説 ◆


■ 用語解説 ■
==

==


▲目次へ戻る  




項案内 ■


次ページにて“今日の『茶道』はいつ頃に確立されたのか?”をご紹介

代茶道の幕開け ▶▶▶
大正時代 [1913年-1926年]・昭和時代 [1926年-1989年]・平成時代 [1989年-2019年]

▲目次へ戻る  




道入門ガイド ■


▲目次へ戻る  




道辞典 ■


▲目次へ戻る  




料ダウンロード ■


▲目次へ戻る  


―◆ 各解説文章についてのお願い ◆―
「茶道本舗 和伝.com」内に掲載しています各解説文章につきましては、本サイト運営者が茶道の修練にあたり、個人的にまとめた解説文章となっておりますので個人的な見解や表現なども含まれていることを事前にご理解頂き、ご参考にされる場合は皆様が修練なさっています先生などにご確認の上、自己の責任においてご参考にして頂きますようよろしくお願い申し上げます。
また弊社は各解説文章のご利用について生じた問題等において一切の責任は負いかねますので予めご了承ください。

ページの先頭へ移動