全国の茶道関連業者が集まる茶道総合サイト和伝.com

茶道の歴史

◆◆◆ 現在編集作業継続中 ◆◆◆
大変ご迷惑をお掛け致しますが作業終了までもうしばらくお待ちください


の起源 ◆

“『茶』はどこでどのように誕生したのだろうか?”


══════════════ 目 次 ══════════════ ▼はじめに   ▼茶の起源   ▼茶の登場   ▼茶樹の発祥地   ▼用語解説 ═══════════════════════════════



じめに~茶道を学ぶ~

この度は『茶道本舗和伝.com』をご覧頂き誠にありがとうございます。

本ページ『はじめての茶道』におきましては「はじめて『茶道』に触れる方」や「はじめて『茶道』を修練する方」などを対象に『茶道』の歴史や知識を管理者なりにまとめました文章をご紹介していきたいと思います。

はじめて『茶道』と聞くと「抹茶」「御菓子」「茶道具」「茶室」「作法(点前)」などの言葉が思い浮かびますがその一つ一つにはさまざまな歴史があり、どのように誕生し、どんな人達に出会い、どのような時代を過ごし、今日の私たちに伝わり『茶道』と確立していったのかを学ぶ必要があります。

『茶道』の歴史を振り返るためにはまず『茶道』にて喫する『抹茶(茶)』の起源から学ぶこととなります。

それではこれより『茶道』の歴史をご紹介させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

▲目次へ戻る  




の起源~茶は5000年前の医療薬?~

今日、私たちが『茶道』にて喫する『抹茶』の起源を調べるには『抹茶』になる前の『茶』の歴史から調べる事となります。
そしてその『茶』の起源を知るにはまず古代中国における神話のご紹介からとなります。

歴史上『茶』が登場するもっとも古いものには古代中国の『神話』に登場する三皇五帝の一人で「医療(漢方)」や「農耕」などの『祖(神)』であり『中国文化の源』とされる伝説の帝王『神農大帝』の神話とされています。

その神話の中で『神農大帝』は

■ 神話 ■
「百草の滋味を嘗め、一日に七十毒に逢う」

とされ、自らさまざまな野草を食し毒に侵され、その解毒に『荼』という直物を用いたと伝えられる。

―[備考]
この頃は今日の『茶』という文字がまだ確立されていなかったために『苦菜』を意味する『荼』の文字を使っている。
また『荼』というものが現在の『茶』と同じであるという確証はないが次代を経て文字としても『茶』に置き換わっていることから『茶』と推測することができる。

このことから『茶』の発見(起源)は紀元前2700年前頃の『神農時代』であり、『茶』は飲むものではなく『茶の葉』を食す『薬』として用いられていたことがわかる。

その後の中国/漢王朝時代(紀元前206-220)に記されたという「本草書(医学書)」である『神農本草経(著者不詳)』には三百六十五品の薬物を上中下三類に分け,それぞれ「名称」「気味(薬性)」「薬効」などを記してあり、その中で『茶』については

■ [本草書(医学書)] 神農本草経 ■
「茶味苦、飲之使人益思、少臥、軽身、明目」
(茶の味は苦く、飲むと思考を深め、体は軽くなり睡眠が少なく目も覚める)

との記述がありこの頃には『茶』は『薬』として用いられていたことが推測できる。

▲目次へ戻る  




の登場~正史における『茶』の初登場~

前項の事柄については神話であるがここで紹介するのは正史における『茶』の登場である。

今日において『茶』に関する世界最古の文献とされているものは今から約2000年前(紀元前59年頃)、中国/漢王朝時代(紀元前206-220)の『[文学者]王褒(生年不詳)』が記した主人が奴隷を買うために両者の間で交された契約文章である『[戯文]僮約』である。
その中に

■ [戯文] 僮約 ■
「武陽荼を買う」
(武陽に行き、荼を買ってくる)
「烹荼、具を尽くす」
(茶の道具を洗い、整える)

とあり。
この記述によると当時『茶』の売買が行われていた事や使用人(奴隷)を雇う立場にあった人々が、日常的に『茶』を飲んでいたことが推測できる。

また同書には『茶』に関する記事が書かれており『茶』を飲む習慣はその頃に中国の西南部に位置する四川省付近ではじまったことがわかる。

―[備考]
当時の『茶』は「茶の葉」を蒸して固めた『団茶(餅茶)』であったと考えられる。

―[備考]
『[戯文]僮約』の中でも前項の神話と同じように『苦菜』を意味する『荼』の文字が用いられている。

▲目次へ戻る  




樹の発祥地~『茶』はどこで生まれたのか~

前項にて正史における『茶』の登場がはっきりとしたがここでは当時その『茶』の木である『茶樹』がどの地域にて発祥したのかをご紹介していきます。

『茶樹』の起源(発祥地)には多くの諸説がありますが、中国/唐代(618-907)の『[文筆家]陸羽(733-804)』が書いた三巻十章から成る『茶』に関する世界最古の書物である『[茶書]茶経』から推測することができる。

その『[茶書]茶経』の巻初には

■ [茶書] 茶経 ■
茶者南方之嘉木矢
(茶は南方の嘉木なり)

と記されており、紀元前に中国/西南部に位置する雲南省の西南地域で初めて茶樹が発見されたという説が有力とされている。

―[備考]
『茶樹』の起源(発祥地)については現在においてもさまざまな学者達による研究を行っており、確証を得るものは無く多くの諸説が存在する。

他の原産地にはインド/北東部のアッサム地方やこれに接する中国/西南部の四川省周辺であったとされ、前述の中国/西南部の雲南省を含めたこの3つの地域は東アジアの『三日月地帯(東亜半月孤)』と呼ばれている。

―[備考]
中国/西南部の雲南省はメコン川の上流にあり、ミャンマー、ラオス、ベトナムと隣接する土地で現在も『茶』の古樹が多く見られ、樹齢800年の『茶樹』があるとされる。

▲目次へ戻る  




語解説 ◆


■ 用語解説 ■
==

==


▲目次へ戻る  




項案内 ■


次ページにて“『茶』がどのようにして日本に伝わったのか?”をご紹介

の渡来 ▶▶▶
奈良時代 [710年-794年]  平安時代 [794年-1185年]

▲目次へ戻る  




道入門ガイド ■


▲目次へ戻る  




道辞典 ■


▲目次へ戻る  




料ダウンロード ■


▲目次へ戻る  


―◆ 各解説文章についてのお願い ◆―
「茶道本舗 和伝.com」内に掲載しています各解説文章につきましては、本サイト運営者が茶道の修練にあたり、個人的にまとめた解説文章となっておりますので個人的な見解や表現なども含まれていることを事前にご理解頂き、ご参考にされる場合は皆様が修練なさっています先生などにご確認の上、自己の責任においてご参考にして頂きますようよろしくお願い申し上げます。
また弊社は各解説文章のご利用について生じた問題等において一切の責任は負いかねますので予めご了承ください。

ページの先頭へ移動