全国の茶道関連業者が集まる茶道総合サイト和伝.com

茶道具

釜道具

他茶道具

茶事懐石道具

水屋道具

消耗品

懐中道具

■寸法
■用語解説

―[陶芸家]― ◆三代/佐々木昭楽◆ ―ささきしょうらく―
1944年 京都に生まれる
1962年 父、二代松楽に師事

赤楽、黒楽といった楽焼の伝統を守りながら、茶陶として雅味のある作品づくりに力を注ぎまた観賞用ではなく、お茶席やご家庭で楽しくお茶が飲める茶碗づくりをモットーに作陶。
初代樂長次郎や本阿弥光悦などの大家が生み出した楽焼の名物、その写し物を得意とする。
■関連カテゴリ
楽焼◎
楽茶碗
▼初代/長次郎
『楽 -楽茶碗(昭楽)- 』
お稽古道具◎
黒楽
佐々木松楽●
楽焼 写物特集
  • 千家十職
  • 新品
  • お稽古道具
  • 写物
  • 共箱
  • カタログ掲載
  • 送料無料

[楽]◆三代/佐々木昭楽◆ ◇楽家/初代長次郎写◇ 黒楽茶碗 銘『本覚坊』

本商品は1点1点手造りのため、お届けいたします商品に関しましては
それぞれ[景色]が若干異なりますので予めご了承ください


商品番号:2849
◆商品概要◆
昭楽-25
 =新品=
  楽家/初代長次郎 写
銘 『本覚坊』
黒楽茶碗
桐箱/共箱

三代/佐々木昭楽 作

◆本覚坊◆
本歌は曲物の内箱蓋裏に、元白宗旦が「長次郎 黒本覚妨 (花押)」と書付け、外箱には「長次郎黒茶碗元伯銘 本覚坊 両筆文添え 旦(花押)」と碌々斎が書付けています。

全体にやや厚作りの茶碗で丸みを持った静かな趣の茶碗です。

口部は僅かに内に抱え込まれ緩やかな起伏をつけています。
高台は小振りで低く、やはり畳付きには目跡が五つ残され、見込みには半円状の茶溜まりが見られます。
ー同パンフよりー

◆千利休(1522-1591)と楽家◆
楽の初代は長次郎であるが、その父「あめや」と称する帰化人に始まる。
さて最初、瓦師であった長次郎を一大茶陶職方として見い出したと伝えられているが、利体の茶道理念、内包的簡素美を形にしたのが長次郎作の数々の銘碗であるとも伝えよう。
ところで長次郎なる人物は、初代長次郎、その子宗慶、宗慶の子宗味の三人を含めたものであり、伝世する長次郎茶碗の中で特に初代長次郎作のうち利休七種(長次郎七種とも云う)はその代表的存在である。
ー同パンフよりー

◆カタログ◆
三代 佐々木昭楽
『楽 -楽茶碗- 』
「楽茶碗」パンフ
カタログ掲載商品一覧 はコチラ
▼ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー▼
カタログ商品につきましてはメーカーにて
予告なく生産中止となる場合がございます
▲ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー▲

ーーお問い合わせーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
掲載商品に関するご質問やご不明な点等ございましたら
お気軽に下記弊社までお問い合わせください。

茶道本舗 和伝.com (075)708-3277
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 通常価格: 48,950 円(税込)
  • 販売価格: 37,400 円(税込)
    (本体: 34,000 円)  
数量:

関連商品

ページの先頭へ移動